baiomasterの¥0起業

建築職人が副業でほぼ原資¥0でスタートしたAmazon物販、輸出、輸入、仮想通貨などについて発信するブログ

音楽

夏フェスの必須アイテム

投稿日:

相変わらず記録的猛暑が続いています。
その記録的猛暑の中で開催される夏フェスでの必須アイテムを検証していきます。

大きめのリュック、ザック

大きめのバックパックは当然必須です。帰りの着替え、タオル、物販で購入したグッズ等を収納します。
これには帰りまで用事のない荷物を入れておくといいかもしれません。朝一に物販購入を済ませ、クロークか
車にこのバックパックを預けておくとフェス中も身軽になれて快適です。

定番のTHE NORTH FACE ヒューズボックスです。容量も大きく、防水加工もされているので
フェス用バックパックとしては申し分ないのですが、欠点としては大人気商品ですので
他人と被ってしまうということでしょうか。

コスパ重視ではこのTHRASHER(スラッシャー)THRPD-8900です。
容量も大きく、ポケットも多く使いやすいです。この価格でも防水機能も付きなので安心です。
このTHRASHER(スラッシャー)THRPD-8900はスケボー収納用のベルトが付いており、そのベルトに
アーティストのラババンを通すことができます。ライブキッズ御用達のバックパックです。

ポーチ、サコッシュ、HOLDTUBE

肩から下げるポーチ的な小型のバッグです。このアイテムが一番大事かもしれません。
これには小銭入れ、鍵、携帯電話、など大切な物を収納します。
バックパックを巡洋艦とするならポーチは駆逐艦といったところでしょうか。
ライブ中も肌身離さず身につけますのである程度丈夫で堅牢なものを選んだ方がいいと思います。

フェス用ポーチの定番HOLDTUBEです。こちらの A-FIELDというモデルは
収納部分が大きくペットボトルも入るので使い勝手がよさそうです。

THE NORTH FACEのウエストバッグです。こちらは頑丈な素材が使われており、
防水機能も備えているので突然の雨や放水にも心配ありません。
ペットボトルも入ります。

モバイルバッテリー

夏フェス会場は市街地から離れていることが多く、電波状態が悪いことが
たびたびあります。そうなるとスマートフォンのバッテリーの消耗が激しくなりますので
野外で充電できる環境が必要です。

定番のAnker PowerCore 10000 です。180gと軽量なのでポーチに入れていても
ストレスは感じなさそうです。防水機能は搭載していなさそうですので心配であれば
ジップロックなどに入れておくといいでしょう。フェス中はライブの合間に写真を撮ったり
SNSに投稿したり、友人や家族と連絡を取り合って集合したりと、携帯電話が生命線となっていますので
バッテリー対策は万全にしなければなりません。

スニーカ

言うまでもなくスニーカー必須なのですが、できればハイカットが望ましいです。(前に行く方は特に)
ローカットは脱げやすいので注意が必要です。実際私も片方のスニーカーを拾ってあげたことがあります。
会場のインフォメーションにはたくさんのスニーカーが届けられていました。

ハイカットですと安心感が全然違います。足元を気にしながらのライブは
楽しさ半減しますから靴はしっかり選ぶべきです。私は十年以上ライブ専用にしていた
コンバースオールスターからVANSに乗り換えました。オールスターも丈夫で快適でしたよ。

あると便利なアイテム

・レジャーシート、ソフトクーラーボックス
シートなどを敷いて場所を確保できるとき限定なのですが、ソフトクーラーボックスに
氷や保冷剤を入れてミネラルウォーターを冷やしておきます。夏フェスの冷えた水は
どうしてあんなに美味しいんでしょうか。帰りには畳んで運べるので楽ですね。

・湯沸かしグッズ
会場の近くにコンビニやスーパーがある、もしくはカップ麺を持参する必要があるのですが、
実はすごく便利です。フェス飯に頼らないので費用削減にもなりますし、夏フェス終わっても
アウトドアで活躍します。

使用する時は必ず会場の外で、火に充分注意しましょう。
私も今年のラッシュボールでは使用しました。

【夏フェス】ラッシュボール2018に参戦してきた

大阪の夏フェス、ラッシュボール2018の二日目に参戦してきました。 今年はラッシュボール20周年ということで3日間開催され、いつにも増して アーティストの層が厚く感じました。 RUSH BALL 20th 中年殺しのタイムテーブル 本来ならCrossfaithの前にThe BONEZの予定だったのですがVo. Gt. JESSE氏の体調不良により …

・帰り用の着替え、タオル、サンダル
着替えは帰り用にとっておいた方が快適です。物販で購入したTシャツを着て帰ってもいいですね。
足がだいぶ疲労していますのでサンダルに履き替えると気分がいいですよ。
楽な服装でフェスの余韻に浸りながら帰りましょう。

・(ディッキーズ)DICKIES ハーフパンツ
ライブキッズ御用達のハーフパンツです。私も中年ながらディッキ族です。
サイドのポケットにはペットボトルも入ります。ポケットが深いのでモッシュぐらいでは
小銭入れや携帯電話は落ちなさそうです。まさにライブ用に設計されたのでしょう。
シルエットはかなり大きめです。

まとめ

baiomasterが独断で夏フェスの便利アイテムを紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか。
9月になりますがまだ夏フェスは終わっていません。9月中は夏フェスシーズンです。
快適で安全に、思いっきり夏フェスを満喫して2018年の思い出を作りましょう。

-音楽
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【夏フェス】ラッシュボール2018に参戦してきた

大阪の夏フェス、ラッシュボール2018の二日目に参戦してきました。 今年はラッシュボール20周年ということで3日間開催され、いつにも増して アーティストの層が厚く感じました。 RUSH BALL 20 …

【チケットフリマ】チケットキャンプ代替のチケット二次販売サイト比較

2018年5月、チケットフリマサイト大手のチケットキャンプが閉鎖となりました。 私は仕事の都合上、当日券かイベント直前に購入することがほとんどでしたので チケットキャンプの閉鎖は非常に残念でした。チケ …