baiomasterの¥0起業

建築職人が副業でほぼ原資¥0でスタートしたAmazon物販、輸出、輸入、仮想通貨などについて発信するブログ

物販

中国輸入販売について

投稿日:2018年7月24日 更新日:


先日まで国内Amazonで中国輸入販売をしていました。
商品の仕入れ方法なんですが、当方はAliExpressで仕入れています。

AliExpressとは

AliExpressは中国のアリババグループのショッピングサイトです。日本で言うなれば楽天といったところでしょうか。

JA.AliExpress.com | aliexpress Japan – 高品質で低価格の製品をオンラインで中国から購入しよう. | Alibaba Group

ja.aliexpress.comで、中国製の低価格の自動車用品・アクセサリー、コンピューター機器、ファッション、美容・健康用品、家庭・ガーデニング用品、玩具、スポーツ用品、結婚式用品のオンラインショッピングを。

商品の数の多さはもちろんなのですが、なんといっても価格が安いのが特徴です。
そして特筆すべきなのが、ほとんどの商品が送料無料での提供が可能ということです。
あと、サイトが日本語表記に対応していること。円表記なのもわかりやすくていいですね。
決済はクレジットカードとなっています。

中国輸入販売のメリット

・仕入れ価格が安い
上記のAliExpressの他にタオバオ、天猫といったショッピングモールサイトがあり、
いずれもびっくりするような価格設定となっています。Amazonの半額とか五分の一とかありますよ。
そしてほとんどが送料無料。圧巻です。

・商品数が多い
スマートフォン関係のケーブルを例にあげると、日本のAmazonの商品は
ほとんどが中国製で占められています。深センという新興都市があり、iPhoneなどの精密機器の
工場がひしめいています。その工場で製造された製品がAliExpressに流れると考えると想像がつきますね。

・ロット販売に対応している
AliExpressの親会社のアリババはロット販売が基本となっています。ですので最低でも100個単位での購入が
求められます。AliExpressは個人向けと事業者向けと両方に対応しており、1個から数百単位の購入ができます。
当然大ロットの方が一個単位は安くなります。

中国輸入販売のデメリット

・製品の到着が遅い
AliExpressで商品を購入する際、送料無料を選択しようとすると多くの場合、中国郵便が選択されると思います。
この中国郵便は注文してから約10日から15日ぐらいかかってしまいます。ですので一回の注文で大量に発注してしまいがちに
なります。商品が到着するまでに、相乗り出品ですと販売ページが消えていたり、販売停止となったりして大量に在庫を抱える
という結果になりかねません。当方も何回も経験しました。回転のいい商品ほどリスクは高いですね。

・不良品や欠品、仕様違いが多い
おそらく検品がおろそかなのでしょう。低価格ゆえなのでしょうか。
セラーさんにメッセージで念を押しているのに色違いとかたまにあります。
物によっては不良品が結構あるので自己検品をおすすめします。

・知的財産権問題に引っかかりやすい
中国輸入販売では知的財産権問題はつきものです。警告だけならまだいいのですが、
下手をすると最悪アカウント閉鎖になります。最近は知的財産権については特に厳しくなっていますので注意が必要です。

・Amazonでしか売れない
当方のやり方が悪いのかもしれませんが、他のプラットホームのメルカリやヤフオクでは
Amazonほどの販売数は見込めません。まあ商品の種類にもよると思いますが。

まとめ

中国輸入販売は新品が対象なので、仕入れが安定して楽ですね。
数種類の商品に固執せず、幅広く横積み販売を展開していけばリスク回避
もできて収入が安定するのではないでしょうか。

-物販

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大型商品のベビーカーを発送してみた

出品 娘も大きくなったのでベビーカーが不要となったので、Amazon、ヤフオク、メルカリに出品していました。 Amazonでは新品は売れているようでしたが中古品はもう一つな感じ。 ヤフオクは出品者が多 …

知的財産権の侵害によるアカウント停止を防ぐ

中国輸入販売をしていて必ずぶち当たる問題です。 最近は特に知的財産権については厳しくなってきました。 知的財産権の侵害にふれると、Amazonから警告、該当の商品の出品停止、 最悪の場合アカウントの停 …

商品を無水エタノールで簡易クリーニングする

当方は中古の家電を仕入れて販売もしています。電化製品やゲーム機などは機能的に 問題がなくても汚れや黄ばみ、シール跡、ヤニ、ヤケ等があります。 その汚れを取る方法なんですが、安易に有機溶剤などで拭き取っ …

【悲報】米国800ドル未満でも課税対象に

これまでは米国向けの800ドル未満の貨物は免税対象となっていました。 しかしこの度クーリエのUPSにより、2018年7月23日以降に米国輸入される、 米国AmazonFBA貨物に関しては800ドル未満 …

古物商許可証取得のメリット

中古品を取り扱うビジネスを展開していく以上古物商許可が必要です。 古物商許可取得によるメリットを考えてみました。 信用が得られやすい このように古物商許可番号を記載することができます。ですのでユーザー …