baiomasterの¥0起業

建築職人が副業でほぼ原資¥0でスタートしたAmazon物販、輸出、輸入、仮想通貨などについて発信するブログ

物販

【悲報】米国800ドル未満でも課税対象に

投稿日:

これまでは米国向けの800ドル未満の貨物は免税対象となっていました。
しかしこの度クーリエのUPSにより、2018年7月23日以降に米国輸入される、
米国AmazonFBA貨物に関しては800ドル未満であっても免税扱いではなくなる
、という趣旨の情報が入ったということです。

2016年に免税範囲が200ドル未満から800ドル未満に引き上げられたという経緯がありました。
これは米国経済の活性化するための取り組みのひとつだと言われています。

今回はUPSの情報でしたが、クーリエのあと2つ(DHL、FEDEX)の動向が懸念されます。
少額の輸出をされているセラーさんは苦しいでしょうね。
今後の動きが気になるところです。

-物販
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中国輸入販売について

先日まで国内Amazonで中国輸入販売をしていました。 商品の仕入れ方法なんですが、当方はAliExpressで仕入れています。 AliExpressとは AliExpressは中国のアリババグループ …

iOS(スマホ)でのFBA料金シミュレーターのレイアウト崩れを解消する

Amazon販売においてFBA料金と利益率を把握することは非常に重要です。 そのためにFBA料金シミュレーターを活用するのですが、 iOS(スマホ)からですとsafariなどの通常のブラウザからだと …

古物商許可証取得のメリット

中古品を取り扱うビジネスを展開していく以上古物商許可が必要です。 古物商許可取得によるメリットを考えてみました。 信用が得られやすい このように古物商許可番号を記載することができます。ですのでユーザー …

中古品と中国輸入製品を融合させる

北米Amazon輸出販売を始めてから三ヶ月になりようやく軌道に乗ってきました。 私は現在、中古品中心の商品ラインナップなのですが、ある程度ランキング上位の商品を 取り扱っていると避けて通れない問題が、 …

店舗せどりまだまだいける件

店舗せどり 仕事帰りにハードオフで店舗せどりをしてきました。 やりつくされ店舗に対策された感のある店舗せどりですが、 ジャンルによりますがまだまだ利益は出せます。 一時期のような旨みはないものの、ライ …