baiomasterの¥0起業

建築職人が副業でほぼ原資¥0でスタートしたAmazon物販、輸出、輸入、仮想通貨などについて発信するブログ

物販

【悲報】米国800ドル未満でも課税対象に

投稿日:

これまでは米国向けの800ドル未満の貨物は免税対象となっていました。
しかしこの度クーリエのUPSにより、2018年7月23日以降に米国輸入される、
米国AmazonFBA貨物に関しては800ドル未満であっても免税扱いではなくなる
、という趣旨の情報が入ったということです。

2016年に免税範囲が200ドル未満から800ドル未満に引き上げられたという経緯がありました。
これは米国経済の活性化するための取り組みのひとつだと言われています。

今回はUPSの情報でしたが、クーリエのあと2つ(DHL、FEDEX)の動向が懸念されます。
少額の輸出をされているセラーさんは苦しいでしょうね。
今後の動きが気になるところです。

-物販
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iOS(スマホ)でのFBA料金シミュレーターのレイアウト崩れを解消する

Amazon販売においてFBA料金と利益率を把握することは非常に重要です。 そのためにFBA料金シミュレーターを活用するのですが、 iOS(スマホ)からですとsafariなどの通常のブラウザからだと …

大型商品のベビーカーを発送してみた

出品 娘も大きくなったのでベビーカーが不要となったので、Amazon、ヤフオク、メルカリに出品していました。 Amazonでは新品は売れているようでしたが中古品はもう一つな感じ。 ヤフオクは出品者が多 …

Amazon輸出のデメリット

Amazon輸出販売は国内Amazon販売より難易度が高い点がいくつかあります。 国内で売れていた商品が海外では通用しないといったことがよくあります。 逆に、国内では大した利益が出ない商品でも海外では …

知的財産権の侵害によるアカウント停止を防ぐ

中国輸入販売をしていて必ずぶち当たる問題です。 最近は特に知的財産権については厳しくなってきました。 知的財産権の侵害にふれると、Amazonから警告、該当の商品の出品停止、 最悪の場合アカウントの停 …

Amazon輸出代行をTNK Logisticsに依頼してみた

北米AmazonにFBA納品するにあたって 実際に北米AmazonにFBA納品するにあたって、国内Amazonの時のように 納品を作成してFBA納品ラベルを段ボールに貼って パートナーキャリアサービス …