baiomasterの¥0起業

建築職人が副業でほぼ原資¥0でスタートしたAmazon物販、輸出、輸入、仮想通貨などについて発信するブログ

物販

知的財産権の侵害によるアカウント停止を防ぐ

投稿日:2018年7月16日 更新日:

中国輸入販売をしていて必ずぶち当たる問題です。

最近は特に知的財産権については厳しくなってきました。

知的財産権の侵害にふれると、Amazonから警告、該当の商品の出品停止、

最悪の場合アカウントの停止、閉鎖となってしまいますので神経を使わないといけません。

自分なりに相乗り出品できるかの判別法を考えてみました。

複数の出品者がいるか

まず最初に複数のセラーさんが出品しているかを見ます。

このように5~8人ぐらいが望ましいです。

複数のセラーさんがいるということは、相乗り出品が成立している

ということですので、第一関門は突破したと言えます。

ライバルのセラーさんが居る前提になってしまうんですが、今回は

アカウントを守ることを重視していますので、ライバルセラーとの

価格競争はいたしかたありません。

FBA出品者が複数いるか

FBAのセラーさんが複数いるかを調べます。これですとプライムマーク

がついているセラーさんの商品が2つ並んでいます。

ここでプライム商品が1つだけだと他は無在庫販売の確率が高くなり、

勝手に相乗りしている可能性が高くなります。

ブランド名と出品者名が一致していないか

これが一番大事かもしれません。ブランド名と出品者名が一致している

場合は、知的財産権の権利者が販売しているということですので

警告を受ける可能性が極めて高くなります。

この場合は一社だけですのでわかりやすいですが、稀に知的財産権の権利者が

他の無在庫販売の出品を野放しにしている可能性があります。

出品者名をちゃんとチェックしましょう。

まとめ

当方は主にこの3項目をチェックして相乗り判別をしています。

この3項目をクリアできない商品は相乗り出品はあきらめましょう。

知的財産権侵害の問題は今後、もっと厳しくなってきそうです。

こういった相乗りNGのブランド、メーカーのリストもありますので、

大切なセラーセントラルのアカウントを守りましょう!

もしアカウント閉鎖となった場合、セラーセントラルのアカウントの再取得は極めて難しいですよ!

-物販
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Amazon輸出】TNK Logisticsでクーリエ業者を指定する

先日、猛烈な台風21号が近畿地方を襲いました。それによって近畿地方は 壊滅的な打撃を受け、関西国際空港も多大な被害を受けました。 ですので各海外配送会社も影響を受けています。 ・UPS UPSの関空拠 …

iOS(スマホ)でのFBA料金シミュレーターのレイアウト崩れを解消する

Amazon販売においてFBA料金と利益率を把握することは非常に重要です。 そのためにFBA料金シミュレーターを活用するのですが、 iOS(スマホ)からですとsafariなどの通常のブラウザからだと …

Amazon輸出代行をTNK Logisticsに依頼してみた

北米AmazonにFBA納品するにあたって 実際に北米AmazonにFBA納品するにあたって、国内Amazonの時のように 納品を作成してFBA納品ラベルを段ボールに貼って パートナーキャリアサービス …

【悲報】米国800ドル未満でも課税対象に

これまでは米国向けの800ドル未満の貨物は免税対象となっていました。 しかしこの度クーリエのUPSにより、2018年7月23日以降に米国輸入される、 米国AmazonFBA貨物に関しては800ドル未満 …

Amazon輸出のデメリット

Amazon輸出販売は国内Amazon販売より難易度が高い点がいくつかあります。 国内で売れていた商品が海外では通用しないといったことがよくあります。 逆に、国内では大した利益が出ない商品でも海外では …